鍼灸の効果

鍼やお灸には用いる種類や手法によってさまざまな効果が期待できます。

①鎮静作用…異常に機能が亢進している状態を鎮めます。(頭痛、腰痛、神経痛、月経痛、痙攣、下痢など)
②興奮作用…異常に機能が低下している状態を回復させます。(顔面神経麻痺、胃アトニー、弛緩性便秘など)
③患部誘導作用…血行障害を起こしているときなどは患部に直接施術して健康な部位から血液などを誘導します。(局所性貧血、筋委縮、五十肩、肩こりなど)
④健部誘導作用…局所に充血や炎症が起きているときに患部から隔たった場所に施術して偏りを調整します。(ぎっくり腰、捻挫など)
⑤転調作用…0自律神経失調症やアレルギー体質を改善し、体質を強壮にします。
⑥消炎作用…施術した部位に白血球が増加・集合、また病的な進出物の吸収を促進し炎症の治癒に効果的です。
⑦反射作用…体性ー内臓反射を利用し離れたところの施術で患部の機能を改善します。
⑧鍼刺激は細網内皮系の機能を高めて、白血球・血小板、免疫物質の増勢をまねきます。
⑨灸刺激により赤血球や血色素の増加がおこり貧血や慢性疾患の治療に効果的です。